FAQ

よくある質問

どんな施工も安心してお任せいただける徹底したサポート

お客様よりいただく様々なご質問にお答えしております。「遮熱の家」の特徴やIHクッキングヒーター、オール電化住宅など、私たちが取り扱っている施工や商品についてご説明しております。ご不明な点は何でもご相談ください。お客様のご不安や懸念に寄り添いながら、安心できる施工のご提供に努めております。

よくある質問

  • 「あったかい家」とはどの様な事ですか?

    子供からお年寄りの方まで口を揃えて未来永劫ご自宅を自慢できる家の事です。

    もちろん冬、外が寒~い日でも家の中があったかく、どこの場所でも温度差が無い住まいで有り、夏はからっと涼しい住まいで、梅雨時のジメジメも無く安全で安心出来る真の健康住宅です。

  • 外貼り遮熱工法とは何ですか?

    建物の屋根や躯体(柱・梁など)の外側に断熱材ではなく熱反射遮熱材を施したものです。 断熱材と遮熱材を比較すると遮熱材の方が優れていることがペンシルバニア大学の資料によりわかっております。 たった6mmの遮熱材(アプリ600)は宇宙開発の技術より生まれた21世紀にふさわしい断熱材と云えるでしょう。

  • 外貼り遮熱工法の利点は何ですか?

    建物の屋根や躯体(柱・梁など)の外側に遮熱材を施したもので、通常のグラスウール(内断熱工法)に比べ従来の住まいの欠点を無くし高気密住宅となり、すきま風が無くなります。それによって冷暖房効果が非常に良く、省エネルギー性も高まります。 屋根断熱と基礎断熱を施すことにより更に性能が高まります。

  • 気密性が良くなるとお部屋の空気が汚れるのでは?

    勿論、気密だけ良くしますとお部屋で使った空気が外に出ないために空気が汚れ衛生上良くありません。

    酸欠で怖い事故が多い様です。

    そこで換気扇を付けますが、冬に「換気扇を回すと寒くなる」と言い、止めてしまうご家庭が有りますが、それでは元もこも有りません。

    寒くならない簡単なセントラル換気システムが必要です。

  • 換気はどうすれば良いのですか?

    「換気とは」を簡単に説明しますると、室内の空気が外の新鮮空気?と入れ替える事です。

    ですから外の空気(温度・湿度・ほこりや排気ガス等々含んだ空気)を直接室内に取り込む事になります。

    冬は0℃の空気を室内に入れたら、室内は寒くなるのは当たり前です。

    湿気の多い空気を入れても不快です。

    それなので換気を止めてしまいます。

    換気を止めたら汚染された空気で生活する事になります。

    そこで先ず熱交換換気する事が必要になります。

    外の空気をフィルターを通して綺麗にする、乾いた新鮮空気を1日中室内に取り込む事が必要です。

    換気とは人間で云うと呼吸と同じです。

    シックハウスの問題で法律が改定され、換気扇を付ける事を義務付けされましたが、冬は換気扇を止めてしまう様な換気設備をしている建設会社が多い様です。

  • 内断熱の家はどうして寒いのですか?

    壁の中に断熱材を施す工法です。

    柱・間柱・梁などの部分に断熱材が無いため熱が逃げてしまいます。

    又気密性も無く外の冷気が進入してしまい室内を寒くしてしまいます。

    特に暖房すればするほど隙間から冷気が進入、いくら暖房してもなかなか暖かくなりません。

    隣の部屋との温度差で結露も起きて木を腐らせ、鉄はサビさせ耐久性にも難が有ります。

    コスト的には安価で出来る特徴が有りますが、日本の風土は高温多湿です。

    グラスウールの断熱材に湿気がたまり乾かす事が出来なければ、そこから木材が腐食して建物が単命になります。

  • IHクッキングヒーターの電磁波について教えて下さい。

    新聞紙上や週刊誌、書店でも売られておりますが、「第二のアスベストにするな」と云われています。

    詳細はここをクリック「NPO法人環境と健康を考える会」とても参考になります。

    エアロックでは平成16年から全面的に電磁波の影響が無いスーパーラジエントヒーターを採用、遠赤外線効果は炭火料理と同じ、安全で安心してお年寄りでも使え電気代はIHよりも安く、大変喜ばれております。

    パソコンなどで、”電磁波”と入れて検索してみてください。

  • ラジエントヒーターについて教えて下さい。

    只今大ブレイク中!やはり電磁波の問題は多くの人が心配されている様です。

    オール電化住宅には無くてはならない機材の一つになって参りました。

    ご飯もこのヒーターで炊いた米も「古米が銀シャリになる」・「今まで焼けなかった厚いハンバーグも中から直ぐ火が通る」・「パンを焼いても魚を焼いても全て美味しくなり天ぷらしても食材に油が入らないのでとてもヘルシー」等々の好評を頂いております。

    詳細はラジエントヒーターをクリックして見て下さい。

  • 「新・住まい学」ってどんな事をしているのですか?

    エアロックで建築されたユーザー様がこれから建てられるユーザー様の為に新・住まい学」セミナーを立ち上げ、建ててからでは遅く建てる前に住宅の勉強をして、悔いのない家づくりをお手伝いする場所です。

    毎月各方面から講師の先生に来て頂き講演をし、既に建てられたユーザー様から体験談をお聞かせ頂いております。

    NPO法人「新・住まい学」ネットワーク加須校として運営、どなたでも参加出来る情報交流会です。

    詳細は「新・住まい学」をクリックして下さい。

  • 遮熱の家は本当にあったかいのですか?

    基礎から屋根も含め家の外側全て断熱遮熱し気密性も向上しますと小さなエアコン1台であったかくなったり涼しくもなります。

    当然換気は24時間熱交換換気システムを搭載した住宅に限ります。

    トイレから浴室全て夏はカラット涼しく冬はあったかくなります。

    難しい話ですが、基礎コンクリート・建物の構造躯体も全て蓄熱材となり、あったかさが持続致します。

    魔法瓶とペットボトルを想像して頂ければどちらが良いか直ぐにお解りかと思います。

  • 遮熱の建物は価格が高いのでは?

    初期投資は通常より少し割高になりますが、冷暖房費は通常の2割程度(80%の削減率)になります。

    寒い部屋を作らないので広く使え、温度差が無いのでヒートショックも起こらないので安全です。(温度のバリアフリーを実現)

    もう一つの工夫が構造躯体を腐らせない仕組みを搭載し初期建物の強度を何年でも何十年でも維持致します。

    結果腐ってしまう住宅の2倍3倍もの耐久性がありますのでとても安くなる計算です。

  • オール電化住宅は電気代が高いのでは?

    オール電化住宅とは給湯設備と台所のコンロを電気にすればスマートプランで電力会社と契約する事が出来ます。

    この時点では電気代の方は通常より安くなります。

    が冷暖房を電気にすると建物の性能(断熱・気密・換気)によって異なって参ります。

    電化住宅は停電時には困ってしまいますが、災害が有っても電気が最初に回復致します。

    それほどのご心配は無いようです。

    それ以上にお部屋が汚れず綺麗な方がメリットが有ります。

    ちなみに電化上手の深夜電気料は通常の約1/4の電気代です。

    今までに当社で施工したオール電化住宅で年間の電気料が11万円代の住まいがあり、月の電気代が1万円以下を実現しております。

  • どこかで体験できるところはありますか?

    ございます。エアロックで建設したOB様のお宅にご案内いたします。

    メールまたはお電話でいつでもご連絡ください。

加須市にある住宅建設・リフォームのエアロックへ寄せられたご質問

埼玉県加須市にございますエアロックでは、皆様からのお問い合わせを電話、FAX、メールフォームにて受け付けております。FAXやメールによるお問い合わせは、24時間いつでも受け付けておりますので、お忙しい方も気軽にご利用いただけます。
お電話でのお問い合わせは0480-61-7701まで、FAXの場合は0480-61-7702へお願いいたします。ホームページ上の専用メールフォームから送信できない場合は、直接info@airlock.co.jpまでご連絡ください。土地や家作りについてのご質問から、リフォームや増改築に関するご相談まで、何でも受け付けております。
そのほか、エアロック自慢の独自ブランド遮熱の家に関するお問い合わせや、オール電化住宅へのリフォーム、太陽光発電の設置など、なんでもお気軽にご相談くださいませ。