Thermal barrier

遮熱の家

夏の暖気や冬の冷気を屋内に入れず快適な室温を保ちます

外断熱を超えた「新・外貼り遮熱工法」遮熱の家をご提案しております。遮熱材で家の外側をラップし気密性を高めることで、夏場の熱気や冬場の冷気を遮断し、一年中快適に過ごしていただけます。また、気密性を高めることで冷暖房効率を高めることができ、エコや節約にも繋がる工法です。

新・外貼り遮熱工法
新・外貼り遮熱工法

夏涼しくて、冬暖かい快適な住宅

暑さ寒さに左右されない快適な家を創る為のもう一つの方法に「新・外貼り遮熱工法」があります。「外断熱工法+新型熱反射遮熱材」により屋外の熱エネルギーを反射・遮断。つまり夏の暖気や冬の冷気を屋内に入れないようにします。

同時に屋内の熱エネルギーは内部に反射させるため、室内の心地よい温度をそのまま維持し、快適さを保ちながら省エネルギーになるため光熱費もグンとお得になります。

従来のように厚い断熱材で熱を遮るのではなく、たった6mmの遮熱材で輻射熱をカットします。こんな簡単なことが今まではありませんでした。

その結果快適な居住空間を提供することができました。

株式会社エアロックでは、外断熱を超えた「新・外貼り遮熱工法」遮熱の家を基本工法としてをご提案しています。
”遮熱の家”のしくみ
”遮熱の家”のしくみ
遮熱材で家の外側をラップ気密性を高めます。夏場の熱気や冬場の冷気を遮断するので、結果的に冷暖房費を抑えることができます。

空気は下から上へ流れます。汚れた空気は天井付近に集まりダクトで排気し、新鮮な空気は下から給気します。

暖かい空気は下から上に自然の力で流れるため、床下にエアコンを設置し冬場の暖房に使い、夏場は止めます。
夏の涼しさは屋根裏に設置したエアコンで作られ、上から下に自然に流れ家全体を輻射冷房します。
  • 屋根裏にエアコンを設置
    屋根裏にエアコンを設置
  • 床下にエアコンを設置
    床下にエアコンを設置

遮熱の家のしくみをわかりやすく図で表したものがコチラ

  • kisodannetsu1
基礎はベタ基礎1回打ち構造
基礎を1回打ち
通常の基礎はベタ基礎であってもベタ部分で1回コンクリートを打ち込み、立ち上がりを後から打ち込み2回に分けて行っております。

コンクリートの打ち込み後、相当の時間が経過した層の上から次のコンクリートを打ち継ぐと不連続面が生じ、付着性が悪く構造上の欠陥を生じやすい。という危険性があります。

これでは打ち継ぎ部分が弱く崩壊する危険があります。1回打ちにするとベタ基礎部分と連続し強度が増し頑丈な基礎となります。エアロックでは全て1回打ちベタ基礎を標準としました。

1回でベース部分と立ち上がり部分を同時に打つ一体型構造で、継ぎ目のない強固な基礎が出来ます。基礎の内側への水や湿気の浸透も無くなります。

基礎を1回打ちにする事により・・・

湿気を防ぐことができる!
シロアリを防ぐことができる!
・打ち継ぎ部分がある事による欠陥を防ぐことができる!
・継ぎ目が無いから基礎の強度が最大になる!

屋根裏収納と床下収納
  • 屋根裏収納
    屋根裏収納
  • 床下収納
    床下収納
ベタ基礎1回打ち構造の床下と薄い遮熱材によりすっきりとした屋根裏は、大容量の収納として利用することができます。健康住宅エアロックの提案する遮熱の家では、デッドスペースになりがちな屋根裏と床下を大容量の収納として利用することを提案しています。人が生活していく上でどうしても増えていく荷物をスッキリと収納できます。

屋根裏も床下も室内と同じ環境にできるから・・・

・屋根裏は熱気がこもらないため、真夏の日中でも読書ができる涼しく心地よい空間に。

・床下も室内と同じ環境なので、来客用の布団をしまっておいてもふわっと乾燥したまま

埼玉県加須市のエアロック自慢の「遮断の家」にご期待ください

埼玉県加須市のエアロックでは「遮断の家」という独自ブランドで、高断熱住宅の提案をさせて頂いております。基本工法として外断熱を超えた「新・外貼り遮熱工法」を採用し、暑さ寒さに左右されない快適な住まい環境をご提供します。
「新・外貼り遮熱工法」は外断熱工法+新型熱反射遮熱材の組み合わせによって、屋外の熱エネルギーを寄せ付けず、夏場の熱気や冬の冷気を屋内に入れないよう遮断するものです。新築住宅はもちろん、リフォームでも工法が使えますので、快適な家を手に入れたい全ての方におすすめです。
気密性を高めることで冷暖房効率も高めることができ、電気代の節約にもつなげることが可能です。エコであるのはもちろん、家計の節約にもなりますから、リフォーム投資をしてもお得さと快適さを手に入れることができるのです。